京都、陶器、食器、みつはし陶舗

俊山窯 森俊山

Shunzan-Gama Shunzan Mori

俊山窯は京都東山御寺泉涌寺の麓にある大正六年に開窯し三代続く窯元です。

乾山写しを得意とされており伝統を継承しつつただ昔のものを写すのではなく独自の感覚も入れ現代に合う乾山写しを作られています。

略歴

宮下善寿、善爾両先生に師事

日展・日本陶芸展で入選を重ねる

京展、日本新工芸展等において受賞

京焼・清水焼 伝統工芸士

泉涌寺地区の協同組合理事長

京都陶磁器協同組合連合会会長宮下善寿、善爾両先生に師事

日展・日本陶芸展で入選を重ねる

京展、日本新工芸展等において受賞

京焼・清水焼 伝統工芸士

泉涌寺地区の協同組合理事長

京都陶磁器協同組合連合会会長

作品

俊山窯、森俊山、色絵菊文向付

色絵菊文向付

俊山窯、森俊山、色絵瓔珞文長角鉢

色絵瓔珞文長角鉢

俊山窯、森俊山、呉須市松珍味

呉須市松珍味

俊山窯、森俊山、色絵花文盃

色絵花文盃

取扱作家・窯元一覧へ