京都、陶器、食器、みつはし陶舗

加藤雲泉

Unsen Kato

雲泉窯は独自の絵具を使用した深みのある絵付けが特徴です。

その仕事は大変緻密で轆轤成形、打ち込み、削り、絵付けなどそれぞれ細部にいたって丁寧に作られており見ているだけで存在感のある作品ばかりです。

中国明朝の磁器を彷彿させる絵具による絵付けや染付を作られています。

略歴

1976年京都市に生まれる
1996年京都府立陶工訓練校成形科修了
1997年同校研究科修了
1998年

京都市立工業試験所専科修了

二代目雲泉に師事、陶作を始める

2018年京都市 未来の名工 認定
2020年経済産業大臣認定 伝統工芸士

作品

加藤雲泉、赤地蘭人蓋物

赤地蘭人蓋物

加藤雲泉、紺地黄彩桃花長方皿

紺地黄彩桃花長方皿

加藤雲泉、染付色絵遊唐子雲錦皿

染付色絵遊唐子雲錦皿

加藤雲泉、染付色絵龍小紋スープカップ

染付色絵龍小紋スープカップ

加藤雲泉、

左 染付間取花鳥菊形小鉢
右 色絵小紋雲錦小紋菊形小鉢

取扱作家・窯元一覧へ