京都、陶器、食器、みつはし陶舗

加藤 泰一

Hirokazu Kato

加藤泰一氏は青瓷や白磁のろくろ成形に彫文様などを施したものを中心に作成されています。

京焼らしい丁寧な作りでお料理を盛り付けるとより一層魅力を感じて頂けると思います。

父の加藤実は有吉佐和子著「青い壺」の主人公牧田省造のモデル、祖父は初代加藤渓山。

略歴

1964年 京都市に生まれる
1986年 同志社大学卒業 京都府立陶工職業訓練校 成形科
1987年 京都府立陶工職業訓練校 専攻科
1988年以降 京都市工業試験場 研修コース
1989年 イタリア国立フェエンツァ陶芸専修校1PAM
1997年より 京都市伝統産業体験学習の特別講師
2009年 フジテレビ設立50周年記念ドラマ「不毛地帯」陶芸作品協力
2010年 京都西本願寺本山御影堂用 青磁大香炉を作成

作品

取扱作家・窯元一覧へ